人気ブログランキング |

盲目の人に教えられる

 先日、よく降りるターミナル駅の近くで、白い杖を前に左右にふって歩く目の見えない人をみかけた。
 五十代のやせた男性だったが、みかねてお手伝いすることにした。
「どちらまで行かれますか、駅ですか?」ときくと「いえ、そこのマクドナルド」と彼は答えた。
 あと10メートルほどしかなかったが、手をとり、たてこんだ自転車の列を避けて、店の中に送った。

 その男性の手をにぎったとき、私はその手のやわらかさとすべっこさ、まったく柔軟な手ざわりに、この男性が、すべてをゆだねているのだと感じて驚いた。私のひじをつかんで導かれるさまは、本当にすべてをゆだねている人のものだった。

 私は、目が見えるのに、ここまで他者に、また置かれた状況に対して、委ねきることができるだろうかと、しばし恥ずかしいような気持ちになった。少なくとも、その男性に自分の「ゆだねる」心は及ばないということだけは、はっきりわかったような気がする。
トラックバックURL : https://ecdysis.exblog.jp/tb/11101333
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード
by ecdysis | 2009-03-15 01:45 | アダルトチルドレン・依存症 | Trackback | Comments(0)

ecdysisは「脱皮」。管理者・心炎の悲嘆と絶望、歓喜と希望のあやなす過去・現在・未来を見つめ、アダルトチルドレンより回復する為のブログ。メール:flamework52@gmail.com(exciteメールは2018/9/18をもって使用不能となりました)