正気をなくしていた18歳の少年よ

 4年ぶりに、今度はACの自助グループの方式で、「棚卸し」をすることを決意し、とりかかっている。
 幼少のころから、私の積み重ねてきた、抑圧された怒りの地層を、恨みと恐れの堆積層を、これから一年ぐらいかけて掘り起こし、整理してゆこうと決めた。

 同時に、12ステップの勉強会にも出席し、私は自分が心底からアダルトチャイルドであり、アルコール依存症者としても、18歳ですでに精神病理が「できあがっていた」ことを、ますます深く認識せざるをえなくなった。

 このブログですでに書いてきた18歳の浪人時代に私が患った被害妄想や対人恐怖や引きこもり、殺意にまでのぼりつめた祖母への憎悪など、とくに目立ったところが「病的」だったのだと、これまで信じてきた。

 しかし、それはちがう。すでに18歳のとき、私は普通の人たちの健康な考え方からみれば、十分に異常な、言い換えれば「正気をなくした」状態にあったのだ。これまで、あの頃の私は「一時的に部分的に狂っていた」と認めはしたが、「正気」の部分もあったのだと信じてきた。

 だが、ちがう。「全面的に狂っていた」のだ。それが事実だった。

 荒廃した家庭で正気のなんたるかを学べなかった私は、自己流の「自分なりの正気」を、世の中全般に通用する健康な「正気」と、同一のものであると、疑いもせずに信じてきた。

「自分なりの正気」は、やはり健康な「正気」とはかけ離れたものだった。当時の自分にとって、「幸福な家庭を持ちたい」という願いは、自分の「正気」を証明するものだと固く信じてきたのだ。

 だが、大学受験中の浪人生が、「幸福な結婚をしたい」と祈るような気持ちで願ったりするのは、やはり普通ではない。同じ世代の健全な若者たちが抱く夢や希望と、いかにかけはなれていたことか。

 それは、妄想の夢だった。同じ時期に、現実にはありえない被害妄想を真剣に恐怖したのと同じように、現実にはなんら根拠のない妄想を「家庭願望」という形で生み出したのだ。ネガティブで絶望的な被害妄想が、ベクトルを変えて、ポジティブで希望的な誇大妄想に変じただけだった。

 なんということだろうか。私が「唯一絶対にして真実無比の正しい選択」と、18歳のときに信じた夢は、根拠のない誇大妄想にすぎなかった。実現不可能な白昼夢にほかならなかった。

 どこへいけばいいのか、なにをすればいいのか、おのれはなにものなのか、アイデンティティーをまったくなくした18歳の少年が、自殺せずに生き延びるために選んだ道もまた、妄想だったとは。

 胸底から、いいようのない悲哀がつきあげてくる。
 ああ、神様、私が必死にしがみつき、これだけは手放すまいと信じてきたものは、結局、偽りであり幻想でした。
 あなたが、まちがいなく私を助けてくださると信じた「私の夢」は、おのれの有力さが、そこでこそ発揮されると信じたがゆえでした。

 しかし、この握りしめた夢さえも、無力でした。これを手放しては、自分はもう生きていけないと確信しきっていた念願さえ、無力でした。

 ああ、神さま、私には、もう何もありません。私を有力にしてくれるものは、何もなくなりました。

 他の人が、私に認めてくれる才能も人柄も仕事も、私にとっては自分に有力さを感じさせてくれるものではありませんでした。私は、私自身の能力や人格にも依存できなかったのです。

 私が、生い立ちで得られなかった家庭の幸福さえ獲得できれば、自分をむしばむ無力感や虚無感が打ち消されると、18歳のとき心底から思いました。そうすれば生きやすくなり、有力感を得られると、疑いもせずに信じてきました。

 けれども、もうだめです。全面降伏です。私が、生き延びるために必死に信じた家庭願望さえ、私を有力にはしてくれませんでした。最後の望みだったのです。

 18歳の私は、丸裸になってしまいました。

 無力な少年は、これからどうやって生きていけばよいのか。
 そのためにこそ、これからの「棚卸し」が「命」になる。

 神よ、導きたまえ。今の私と、18歳の私と。
トラックバックURL : https://ecdysis.exblog.jp/tb/13512627
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード
by ecdysis | 2010-01-18 00:49 | アダルトチルドレン・依存症 | Trackback | Comments(0)