祈りの前提

 かつて、ハイティーンのころ、その後に愛することになった人に祈ってるといわれて、私はうれしかった。
 こんな自分のために、死ぬなと祈ってくれる人がいるというのが、救いになった。

 それから、四半世紀たって、私は自助グループの親しくなった先輩に「祈りというのは届くんだよ。祈りというのは相手に伝わるんだよ」と教えられ、素直に信じることにした。

 毎朝のように、神棚に皇室と国家国民の幸福から、自分や家族親戚の無病息災、心の病やアダルトチルドレンの人たちの回復(シラフの正気と平安とすこやかな回復)を祈るようにしている。祈りだして5年くらいになるが、はじめは自分や家族のために祈っていたので、今のように国家国民やすべての心の痛みを持つ人々やACという範囲に広がったのはここ2年くらいだ。

 祈りが広がったきっかけは、インターネットで知ったインドのある宗教家の祈祷文だった。
 そこには、「自分の嫌いな人たちが幸せでありますように」「自分を憎む人たちが幸せでありますように」という文章があった。私は、自分の祈りの範囲の小ささ、自分の心の狭さを思い知らされた。

 キリスト自身も、「あなたの敵を愛し、あなたを責めるもののために祈れ」と教えているし、19、20歳のころは、それによって生き方がすっかり変わってしまった私にしてみれば、インドの人の祈りはその初心を思い出させるものだった。

 祈りは、届くときもあるし届かないときもあるようで、確かめようがないことの方が多い。それこそ、祈りが届くも届かないも神様におまかせするしかないので、「祈りがききとどけられない」と不平不満をもらすようなことはしない。それに、私が相手の幸福と勝手に思い込んでいることを、神様にかなえていただこうとするのは、相手にとってもありがた迷惑だろうから、あくまでも本人が充実して幸福と感じられるような生き方、あるいは神様の目からみて、その人にふさわしい幸福にお導きくださいと、祈るようにはしている。

 人のために祈るということを覚えると、いろいろなことを感じられるようになる。
 
 そして、今日、はっとしたのだが、祈りは「神様経由で相手に届く」のではないかと感じることがあった。
 私の場合は、日本の神々だけれど、「神様」と念じるときは、神様がその念を受け取り運んでくださるのだろうと思った。もちろん、その祈りの念が正しいものであることが前提だけれど。

 すると、神様を信じている人に対しては、祈りも届きやすいのではないかと、なんとなく思ってしまったのだ。
 多くの人たちが、いろんな無私の祈りをささげていると思う。その念が、相手に気づかれずに届き、偶然としか思えないタイミングで、だれかの祈りのおかげで、いろいろな喜びや充実や回復をもたらしているとすれば、私も日々、だれかの祈りで生かされているのかもしれない。

 神に向かって祈る人の祈りが、神によって、私のもとに、あなたのもとに届くとしたら、そして、それが祈ってくれる人の存在を少しも感じさせないとしたら、これほど謙虚で美しいことはない。

 
トラックバックURL : https://ecdysis.exblog.jp/tb/14438082
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード
by ecdysis | 2010-05-23 13:22 | アダルトチルドレン・依存症 | Trackback | Comments(0)