無神論者ではいられなかった

 まだ、神をさほど意識していなかったころ、18歳のとき、石川達三の本を読んでいた。

 そのエッセイの中に、「人間には、信仰人種と非信仰人種がいる」という意味の文章があり、反射的に「自分は信仰人種だろう」と思った記憶があり、そのときの直観は以後の経過からして、正しいものだった。

 まじめな石川先生は、「自分は非信仰人種だ」とおっしゃっていたように記憶するが、少なくとも彼の「信仰」「非信仰」の人種分類の認識は正しいだろうと思う。

 もっというなら、この二つの人種の間の相互理解は、「理系と文系」、あるいは「依存症者と健常者」の間のコミュニケーションの難しさよりも困難なものがあるだろう。

 私の母と父の間もそうだったが、おそらくACの両親には、お互いに意志の疎通がうまくいかない「反対側の存在どうし」であることが多いのではないかという気がする。その分裂が、子供に悪い影響を与えることも多いはずだ。そこに、アルコール依存症や共依存がからめば、問題は致命的な様相を呈する。

 12ステップの自助グループに通って、ある程度時間が経過している人でも、頑固な無神論者がいたりする。そういう人の気持ちを、私は理解できないし、したいけれど多分無理だろうと思う。神が実在すると信じる前の自分に、すっかり戻ることが無理だからだ。

 しかし、自助グループに限っていえば、無神論者は消えてゆくか、あるいは嫌われ者や迷惑がられる人としてしか生き延びられないようだ。むろん、そういう人たちと論争するつもりはないし、裁くつもりも気持ちを変えさせようという気もない。

 おそらく、死後にも、無神論者の天国と、有神論者の天国があったりするのかもしれない。
 そのとき、無神論者の目に、有神論者の天国がどう見えるか、また逆からはどう見えるか、考えると興味深い。
 たぶん、有神論者からみた無神論者の天国は、地獄のように見えるにちがいない。私には、そのように感じられる。

 以前にも書いたが「この世は短く、あの世は永い」と信じる私にとって、この世界での生活は、魂の永遠の道程の一部にすぎないと思うことで慰めを得る。時間や空間の概念が意味を持たないほど広大で無限の生前・死後世界から、ちょっとだけはみでた寸刻にすぎないのではないかと思える。
トラックバックURL : https://ecdysis.exblog.jp/tb/14856039
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード
by ecdysis | 2010-07-28 23:55 | アダルトチルドレン・依存症 | Trackback | Comments(0)