途方もない発見~幼児の私には母親が「神」だった3

「母親教」というカルトの信者にならざるを得なかったのが、いつかというと、おそらく三歳頃だろうと思う。
 前にも書いたけれど、その頃、妹が生まれて、それまで母親を「かあちゃん」と呼んでいたが、強制的に「おかあさん」と呼ぶように変えさせられた時期に当たる。母にそのように命じられてから、もはやそれ以前のように甘えることができなくなった。

 多分、私のインナーチャイルドは、母を「かあちゃん」と呼ぶ子供と「おかあさん」と呼ぶ子供に分離している。この2つの意識の統合が必要だし、「かあちゃん」を求める意識の癒しと解放と受容が必要なのだとわかってきた。

 きのう、室内で物干しにかけた自分のジャージーのズボンをなにげなく片手につかんだとき、まるで3歳の幼児に戻って、母親のズボンに片手でしがみついているかのような気持になった。
 涙がこみあげてきた。
「さびしかった。甘えたかった。抱き上げてほしかった。おんぶしてほしかった。ぼくはがまんしたよ。甘えたいけど、こうしてズボンを片手でしっかりつかむだけでがまんするよ。おかあさん、がまんするよ。ぼく、いいこでいるよ」
 言葉にすれば、そんな想いがいっぺんに湧き出してきて、幼児期の意識が生きているのだとすぐにわかった。
 その子は「おかあさん」と呼んでいる。だから3歳よりもあとの意識だ。
 3歳以前の「かあちゃん」と呼ぶ子は、母を神とは思っていない。甘えられる保護者だからだ。
 母を「神」にしたのは、実は母が強制的に私に呼び方を変えさせたことによって生じた「距離」そのものだった。親密さにひびが入って、スキンシップ不能な距離が生じたために、起こった心理現象だ。本来ならスキンシップをふくむ親密さを得られるはずが、そうできなかったがために、私の母への自然であるべき「愛着」が「盲信」や「コントロール不能な依存感情」に転嫁されてしまったのだ。

 3歳前の私も、もちろん生きている。そして、彼が3歳以降の私の下に潜在してしまった。
 彼には、ずっと「一時停止」されたままの「かあちゃん」という叫びを、再生させよう。
 ゆうべはじめて心の中で、何度も「かあちゃん」と呼んだ。かといって、亡くなった母のイメージを浮かべて、そこに叫んだわけではない。単純に、「かあちゃん」という呼びかけの言葉だけを、心の中で連呼したのだ。なにかが解放されたような気がした。あたたかいものが、心の半分ぐらいを覆ったような感覚になった。

 以前、推論したことのある「幼児期の親子のスキンシップ(親密な接触と交流)の不足が、コントロール不能な依存の原因になる」ことが、わが身を通じて理解されつつある。私の女性依存や恋愛依存の傾向に関して、これは事実だろうと思われる。

 理解しわかったからといって、すぐに回復するとは限らない。しかし、自分に関して何もわからず、何もはっきりせず、中途半端な認識のまま苦しみ続けるよりははるかによい。

 むろん、自己認識と自覚については、個人差があって、それぞれ時期やタイミングというものがある。あるときは「ほどほど」にせねばならないし、あるときは「徹底的」にやる必要がある。

 自分についての「棚卸し」は、いつも「ほどほど」では底をつけないし、いつも「徹底的」では疲労してしまう。呼吸のように、緩急をはかる必要はある。

 自然にまかせるのがよいときもあれば、神に祈って助けをもとめるべきときもある。
 いずれにせよ、わかるべきときが来れば、わかるし、時期がこなければ、わからないこともたくさんある。

 その時期とタイミングは、普段からのこころがけなど自分自身の問題であり、神への問いかけや求めの真剣さの程度の問題でもある。
トラックバックURL : https://ecdysis.exblog.jp/tb/18565013
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード
by ecdysis | 2012-10-15 09:21 | アダルトチルドレン・依存症 | Trackback | Comments(0)