人気ブログランキング |

アディクションをやめようとするときの態度のとりかた

 アディクト行為をやめると、一時的に原因不明の不安や孤独感やうすら寒い感覚や怒りやイライラが生じる。
 
 しかし、それらを「なんとかしよう」とはしないことが大事。
 アディクトを「やめる」ということに意識を集中しすぎると、かえって再発を起こしやすい。
 できるだけ、さまざまなものごとに「とらわれない」姿勢でいることが必要。

「こだわること」は、アディクションの症状であり原因でもあるから、「こんなことでこだわっていては、アディクションはとまらないよなあ」ぐらいに思っていればよい。

 ましてや、「やめます」と誓ったりしてはいけないし、「やめてみせる」と意気込んでもいけない。
 悲壮感や過大な決意や誓約を必要とする段階では、そのアディクションは「やめられるタイミング」を得ることはできない。

 気楽に、かまえず、こだわりすぎない精神態度を続けること。それが、アディクションを停止する上で非常に大事だ。
トラックバックURL : https://ecdysis.exblog.jp/tb/20762262
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード
by ecdysis | 2013-09-23 02:28 | アダルトチルドレン・依存症 | Trackback | Comments(0)

ecdysisは「脱皮」。管理者・心炎の悲嘆と絶望、歓喜と希望のあやなす過去・現在・未来を見つめ、アダルトチルドレンより回復する為のブログ。メール:flamework52@gmail.com(exciteメールは2018/9/18をもって使用不能となりました)