人気ブログランキング |

この人生が、これだけでは完結しないこと

 私はほとんど無意識に思っていた。
 この現世は閉じた世界であると。
 この人生で起こる善い事と悪い事は半々で相殺されるのだから閉じているのだと。

 しかし、それは目に見える現象としてはそうでも、精神的にはそうではない。
 霊的には、もっとそうではない。

 私は気付いた。
 私が、この生涯のはじめのころに受けた心の傷は、この人生を終わる前にすべてが癒されることはないのだと。
 
 この世で自分が苦しむ過去の傷は、この世で起きたことなのだから、この世で生きているうちに埋め合わされるにちがいないと信じてきた。

 だが、それはちがう。埋め合わせられることと、そうでないことがある。
 そうでないことは、自分自身の問題によるのか、神の御意志なのかはわからない。
 しかし、それらが、私の死後にはじめて、この世ではない世界で癒されるのだとしたら、もう悪あがきはするまいと思う。

 自分についてのこの世の事は、この世で完結するわけではなかった。
 悲しいけれど、それが真実のようだ。
トラックバックURL : https://ecdysis.exblog.jp/tb/20927574
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ゆーき at 2013-11-13 21:18 x
こんばんは。

今回心炎さんの記事を読んで、前に同じことをミーティングで自分が言ってたことを思い出しました。

僕の言葉では「人間の寿命たかだか100年では癒えきることのできない程の《莫大な傷》を負った」です。


そのときはそう思った、思うがままに話した。
でも気が付くと完治させよう、「真人間」になろう、としちゃうんだよねー。

こういう大事なことすぐ忘れちゃう。忘れるのも大事な機能とはいえねー、肝心なことは永久保存したいっす(苦笑


参りました。
Commented by 心炎 at 2013-11-14 05:04 x
ゆーきさん、コメントありがとうございます。私なんぞ、この年になってやっと言葉になったのだから、すでに話せていたゆーきさんの方が進んでいますよ。そうなんです。「完治する」って思っちゃうし、そうありたいと願っちゃうよね。でも、「思ったよりずっとましになる」ということは信じていいと思います。
名前
URL
削除用パスワード
by ecdysis | 2013-11-11 02:26 | アダルトチルドレン・依存症 | Trackback | Comments(2)

ecdysisは「脱皮」。管理者・心炎の悲嘆と絶望、歓喜と希望のあやなす過去・現在・未来を見つめ、アダルトチルドレンより回復する為のブログ。メール:flamework52@gmail.com(exciteメールは2018/9/18をもって使用不能となりました)