狂っている人の顔色をうかがうのはやめよう

  やけに怒りっぽい人や、普通より短気な人や、ささいなことで堪え性のない人たちの顔色を伺って生きるのはやめよう。

  それはアルコール依存症の祖父や父や人格障害の祖母や共依存の母など、病んだ大人たちの顔色を伺いながら生きた私の後遺症だ。不幸な子供だった心の傷の痛みによるもの。

  でも、もうやめよう。彼らより健康になろうと回復を目指す私が、病気の自覚も回復もなかった彼らのような人たちに、びくびくする理由はもうかけらもないのだから。
トラックバックURL : https://ecdysis.exblog.jp/tb/22154652
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2014-05-29 14:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by あすか at 2014-06-09 09:55 x
母親と父からすごい振り回しのメールが来て、
もうしないように電話したら
改めて頭のおかしい人たちなんだなと分かってきた

一方的にしゃべっていて、笑うような話ではないところで笑っている

ミーティングに出ていて少しづつ彼らのおかしさが分かるようになった
私もこの人たちと同じ話し方なんだろう、傷つくけど

もうこの人たちの話を理解しようとするのはやめよう
少しずつでも
Commented by 心炎 at 2014-06-13 00:53 x
あすかさん、ご両親を理解しようとするのはやめよう、というのは正しい選択だと思います。それが巻き込まれないで済むとてもよい態度だからです。それを続ければ、回復が進んでいくと思いますよ。応援してます。
名前
URL
削除用パスワード
by ecdysis | 2014-05-24 02:50 | アダルトチルドレン・依存症 | Trackback | Comments(3)