被虐待児の切実な打算~母の視線と正解への強迫観念

 あまりよく知らない人たちの間にいると、心のどこかがいつも緊張して落ち着かなくなる。外見はそうは見えないかもしれないが、小学校1年生ぐらいの自分が顔を出す。その子は、まわりの人たちに「ぼくって、いいこ? だいじょうぶな子?」と、何度も何度も繰り返し聞きたがる。

 小学校一年生の初めての授業参観の日に、後ろに立っている母親が気になって気になってたまらず何度も何度も後ろを振り返ってみた記憶がある、。そのときの情動がよみがえる。母親がちゃんと自分を見てくれているかどうか、とても気になって仕方なく、何回も後ろを振り返った。その衝動をおさえられなかった。
 後から、母親が「あのとき、おまえは何度も何度も後ろをふりかえっていたよね」と述べていたから事実なのはまちがない。

 そのときの自分を振り返ってみる。とにかく、母が自分をちゃんと見守ってくれているか気になって仕方なかった。不安とかいなくなるかもとか思ったわけではない。そうではなくて、「かあちゃん、ぼく、これでいい? これでいい?」って尋ねたかったのだとわかる。

 当時は、父母が、陰険なアル中と人格障害者の祖父母から逃れて、塩釜のアパートに引っ越しており、なおかつ父が東京に出稼ぎにいっていたので、母と私と妹の三人ぐらしだった。
 その中で、母から虐待を受けていたことは、すでにこのブログで記した通り。

 今やっとわかったが、私が母に「これでいい?」と何度も振り返ったのは、激しくも切実な「承認欲求」であったとわかる。
 では、その承認とは何についての承認だったのか。
 それは「叱らないよね? ぼくをぶたないよね?」という母への恐怖からくる「安全保障」を求める承認欲求だったのだ。

 母を振り返らずにはいられなかった衝動の激しさは、母への恐怖の激しさでもあったとわかる。「こういうぼくを、たたかない? 叱らない?」と母親に確認したくて振り返っていたのだ。母が自分を叱ってひっぱたきたくなるような気持ちに、またなったらどうしようかと恐れ、そうなっていないか、必死で知りたかったのだ。教室ではなにくわぬよそ行きの顔をしてる母でも、家に帰ったらあの密室で、またののしられぶたれたりけられたりするかもしれないのだ。

 母への甘えよりも、そちらの方がはるかに強い動機だった。

 それは、同時に、なんとかして母にたたかれず叱られないためには、どうしたらいいかという子供心に生き延びるための算段を必死で探す作業のはじまりだった。
 虐待されないためには、母の気に入るような自分にならねばならなかった。母の気に入るような子供にならねばならなかった。成績のいい、従順な、母の気に障るようなことを一切しない、反抗も抵抗もしない羊のような子供にならねばならなかった。

 これは教育ではなく「調教」だ。母も自分の父母から厳しい折檻を受けたというから、そのやりかたを踏襲したのかもしれないが、虐待という暴力で自分の子供を想う通りにしようとした支配の事実は消えない。

 むろん、母自身も当時の私への態度がひどかったことを認め「かわいそうなことをした」と涙ぐんではいたが、そのことをもって私に謝罪の言葉があったわけではない。彼女にとっては「過ぎた過去への後悔」であって、そのとき受けたトラウマに私がどんなに苦しみ後遺症を負っていたかは、私も言わなかったので、それを知ることなく彼女は物故した。

 暴力であれ心理的圧力であれ、「子供をその意志を確認することなく一方的に自分の思う通りにする」行為は「支配・調教」である。「人間への教育」ではない。なかば「奴隷・家畜」への扱いだ。

 だから、子供は無意識のうちに、自我の長じる思春期に、自分が一個の人格をもった相応の待遇を受けるべき「人間」に立ち戻ろうとする。しかし、暴力や心理的圧力によって反抗期を封じられた私のような子供は、AC性が発現し、各種の依存症・嗜癖の発現という形でしか「私は人間だ!」と叫べなくなったのだ。

「私は奴隷でも家畜でもない。人間だ。これ以上、言葉や暴力で意に反する支配を加えられたくない」
と、ACは嗜癖行動を通じて訴え続けているのだ。

 しかし、その嗜癖で死ぬのは防止しなければならない。
 だから、このブログを書き続けている。

 母の気分と顔色を必死でうかがう子供の私は、母の気に入る「正解」を常に提示できる子供になることを自らに課した。
 母にほめられ認められることを欲したのは、母に喜んでもらうという子供の愛着からではなく、少なくとも母に叱られないですむから、ほめられたかったに過ぎない。

 つまり、この時点で自然な「おかあさんの喜ぶ顔がみたいから」「おかあさんが笑うと、ぼくもうれしくなるから」といった自然な「喜び」「共感」がまったくスポイルされていたことがわかる。
 だから、虐待を受けた子供というのは、親子の間のスキンシップだけでなく、人間どうしの自然な愛着や善意や共感をも感じることができずに大人になってしまうのだ。
 これがどれほど、大きな情緒的傷害であり、対人コミュニケーション能力の損失か、はかりしれないものがある。

 結局、私は弟が死んだときまで、母が困ったり嘆いたりしないために、できるかぎりの援助もし、彼女を喜ばそうと孫を抱かせてあげようとまでしたが、それはみな「調教」の結果としての「共依存」であった。
 母を喜ばそうと孫を・・・と書いたが、いま思えば、母のために結婚しようと思うことがおかしいだけでなく、すでに私の思う「母の喜び」はイコール「叱られないために母を喜ばそうとする打算」だったわけだから、二重にゆがんだ願望だったのだ。

 母が苦しみ嘆き辛い想いをするのをなんとかしようと、必死に自分のことのように共依存行動してきたが、根底には「母に虐待されないために」という「暴力」への子供の恐怖があった。母が苦しむことへの恐怖は、結局、母のそういう状態をなんとかしないと虐待されるという恐怖が動機だったと深層心理がわかる。

 そんな感情をベースに構築された親子の情愛とは、いったいどんな愛だというのだろうか。母のためにやってきたと思っていたが、実はそれは「母に虐待されないために」というきわめてネガティブな「母のため」だったのだ。これは健全な親子の情というものではない。

 お彼岸で、父母祖父母先祖代々、有縁無縁の諸霊にご供養をささげるが、母もあの世で、息子の本当の心を知って、なにがしかの自省をしてもらえればと思う。

c0032696_04571736.jpg



トラックバックURL : https://ecdysis.exblog.jp/tb/29757615
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Reimei34 at 2018-09-24 21:40
ごく当たり前の承認欲求と言えば、「ねぇ、できたよ、褒めて」とか、「嬉しいよ、楽しいよ、一緒に笑ってよ」とか、「悲しいよ、心細いよ、慰めて」とか、「今怒ってるんだよ!認めてよ!」とかですよね。そういうのを何度も繰り返してもらって、自分自身の情緒も育って行くものなのに…。
Commented by ecdysis at 2018-09-30 05:19
コメントありがとうございます。ほんとにおっしゃる通りです。健康な情緒の成長が阻害されているのがACだと痛感します。承認欲求が満たされなかったために、大人になってから承認飢餓の状態に陥り、トラウマ症候群も加わって、さまざまな依存症を発症するというのが、とっても辛いところです。
虐待された子供は、長じて「承認飢餓」と「自己消滅欲求」と二つの重いくびきを背負います。摂食傷害の女性たちを見ていると、切実にそれを感じます。「認めてほしい、でも消えてしまいたい」という矛盾を抱えたまま、それを解決するすべもなく過食嘔吐を繰り返して体も脳もやせ細ってゆく彼女らを、私は痛々しい想いで見守ることしかできません。
名前
URL
削除用パスワード
by ecdysis | 2018-09-23 04:57 | アダルトチルドレン・依存症 | Trackback | Comments(2)