私生活は子供っぽくした方がよい

 ACは不幸せな子供時代を送った人が、大人になっても、その不幸せの中で身に着けた不健康な習慣や考え方や生き方を気づかないで続けているパターンをいう。
 では、健康でそこそこ幸せな子供時代を送った人達は、健全な大人になるらしいが、あいにく私もACなので実感をもってその人たちのことをコメントはできない。

 ただ、プロスポーツに夢中になったりディズニーランドやユニバーサルスタジオや各種イベントやコンサートの群衆を見る限り、「大人とはしょせん図体ばかり大きくなった子供」と定義しても、あながちまちがいではないと思う。

 仕事や職業においては常識と規則と世間体に従って「大人」を演じていても、プライベートは子供であろうと思う。もちろん、父母という立場上、「本物の子供」を養わねばならない私生活でも、子供中心の考え方をやめて、自分自身に立ち返れば、結局、子供の自分がよみがえってくるのだろうと思う。

 私が見る限り、私生活で子供っぽい趣味や口癖やコレクションなどをもっているACの人は、回復している人が多いようだ。ぬいぐるみを集めたりプラモデルやフィギュアを集めたり、アニメや特撮ヒーローに夢中になってみたり、アイドルの追っかけをやってみたり、とにかく「病的なアディクション以外の自分の好きなこと」をもっている人は回復している率が高い。(ただし、アスペルガー症候群や発達障害の人は、この限りではありません)

 たとえば、私はブートンはじめ、かわいい豚グッズを飾るのが趣味だし、ニックネームが豚を連想させる名前なので、友人からもそう呼ばれるし、一人でいるときは「ぶうぶう」とか「ぶひぶひ」「ぶーひ」とかしょっちゅうブタ語をつぶやくし、ちょっと驚くようなことがあったときには「ぶき~っ、なんじゃこりゃ~!」とか騒ぐし、ブタ語の通じる友人とは、電話で「もしもし」のかわりに「ぶひぶーひ」といいあうし、お互いあんまり調子がよくないときは、「なんか最近、ぶひだね~」とためいきまじりに挨拶するし、ちょっと閉口するようなことがあったときには「まったく、ぶひだねぇ~」とため息をつくことも多い。『はれときどきぶた』は座右のアニメになっている。

 小学校五年生のときに、祖母から気まぐれにだが、大きな熊のぬいぐるみを買ってもらって、ものすごくうれしかったのを覚えている。自分は男の子なのに、どうしてこんなにうれしいのだろうと自分でいぶかしんだほどだった。
 それだけ子供らしさを抑圧していたのだろうと、今は理解できる。
 だから、あと3年で還暦を迎えるのに、ブタ語をしゃべるような大人になってしまったのだ。別に恥ずかしいとも幼いとも思わない。
 十分に子供ができなかったのだから、これで丁度いいと思っている。

c0032696_01163898.jpg


トラックバックURL : https://ecdysis.exblog.jp/tb/29776569
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Reimei34 at 2018-10-04 15:55
おお、お仲間が…!(笑)
うちで使われているのは「クマ語」です。
クマなのに何故か「にゃ」という語尾。返事は「マ!」。疑問や質問は「マ?」。「シャーッ」で驚きや怒りを表し、簡単な会話は「ニャ〜」の各種バリエーションで事足ります。
彼と一緒に食玩にはまり、小さいクマのぬいぐるみ達に使わせて遊んだり、彼らに合わせた家具やら家まで作ったりしましたが、確かにとっても癒しでしたね^ - ^
Commented by ecdysis at 2018-10-07 23:09
すばらしい! 同族がこんな近くに(笑)。クマ族ですか。ブタ族と同じ習性ですね。ちなみに私はリラックマが好きですし、マグカップとタオルはリラックマです。クマモンもなにげにハンカチと付箋紙がありますし、チェブラーシカも大好きですので、仕事場のパソコンの立ち上げロック画面はチェブラーシカです。知人からいただいた恐竜ぬいぐるみやピーピー泣くハンマーヘッドシャークもお気に入りで部屋に飾っています。クマとブタ、哺乳類どうし、仲良くしてくださいね(笑)。
名前
URL
削除用パスワード
by ecdysis | 2018-10-04 01:17 | アダルトチルドレン・依存症 | Trackback | Comments(2)