カネと家族の死と無縁供養と

 私にとって、恋愛は刺激と快楽と挫折感と別離の痛みとデート代もままならないカネの心配で、いつも占められていた。カネがあれば、生活不安がある程度解決されていれば、とっくに結婚していたはずだ。

 刺激と快楽とカネの心配とで私の恋愛はいつも彩られていたが、そこに安らぎも落ち着きも、ついぞ降り立つことはなかった。愛する人を思い出して刺激を受けて自分を鼓舞して励みにすることはたくさんあったが、その人のことを考えることで落ち着きや安心を得ることはなかった。相手の女性に、カネの心配をさせないように、ちゃんとした社会人になりたかったが、それもできずじまいだった。

 父が会社を倒産させて、母や私たちを借金で苦しめたようなことだけは、相手に味わわせるまいと願ったが、それも実現できなかった。
 妻となる人に、経済的に苦労させてはならないという責任感は強かったが、原家族へのとらわれも強すぎて、現実の経済能力が追いつかなかった。

 自分は、現実社会での経済能力において、ダメな男だと心痛をいつもかかえていた。母が父のつくった借金で苦しむ姿を、私は見すぎていた。妻となる人よりも、まず母と弟のためにカネを稼がねばならなかった。その共依存による経済的消耗と精神的疲労がどれほど重圧だったかは、断酒してうつ病になったことからもわかる。

 いまになって、途方もなく無理をしたと思う。

 あげくに、弟も母も先に逝ってしまった。私は、一番助けたかった家族を助けられなかった。少なくとも、現世的には無理だった。

 ゆえにこそ、彼らが死後の霊人になってからの冥福を祈り、自分なりの追善供養を日々おこなっている。
 人の霊魂は永遠不滅なのだから、先に死んだからといって、彼らが死後もずっと不幸なままということはない。地道にささやかでも追善供養を積み重ねていけば、彼らが今度生まれかわってくるときには、はるかにましな環境に生を享けられるはずだと信じる。

 変えられない死という事実を、いつまでも悲しみ嘆くだけでは、自己憐憫にひたって自分を傷つけるのと一緒だ。だからこそ、日々、仏壇にお茶や水をお供えし、お線香を立て、お彼岸やお盆には手料理や菓子果物・花をお供えする追善供養を絶やさないようにしている。他者への小さな親切や、道端のゴミを拾うようなささやかな善行を絶やさないことも大事な供養である。

 そして、母や弟よりももっと不幸で見捨てられて死んだ無縁仏の諸霊にも、量は少ないが同じように毎日のように供養の茶と水と食物を捧げている。

 それら無縁仏の中には、かなりの高率でACやアルコール依存症だった人々がいるはずだ。はるかな昔から、それこそ何千何万という数かもしれない。その一部なりとも供養してさしあげることで、母と弟の供養、また祖父母やそれより前の祖先たちの霊の供養もできると信じている。

c0032696_02412742.jpg

トラックバックURL : https://ecdysis.exblog.jp/tb/29851290
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2018-11-30 10:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
削除用パスワード
by ecdysis | 2018-11-16 02:42 | メンタルヘルス | Trackback | Comments(1)