人気ブログランキング |

依存症を「渇愛による汚れ」とみなすとどうなるか

 お釈迦様は、原始仏典『スッタニパータ』(集成経)の中で、まったき平安の境地である涅槃(ニルヴァーナ)に至るには、「快美な事物に対する欲望や貪りを除き去ること」をせねばならないと説いています(学生ヘーマカの質問1086節)。

 しかし、これがとても難しい。私は、そもそも「出口も終わりもないお化け屋敷」同然の恐怖の家に育たざるをえませんでした。私のような人間には、「快美な事物」に逃避することでしか生き延びてこられなかったのですから、それを手放すのは恐ろしい難関です。

 ACとアルコール依存と精神障害の家族の中で育った私は、「無明」と「渇愛」という言葉も知らず、自覚もせずに育ちました。そんな私には、欲望しか喜ぶものがありませんでした。情欲しか快楽を感じるものがなかったのです。生い立ちのひどい家庭の中で、喜びといえるようなものは、好奇心を満たす知識や情報、小説やマンガやアニメ以外には、情緒的に貧しい欲望とその快楽しかありませんでした。卑しくとも醜くてもみっともなくても、それしかなかったのです。

 田舎の知り合いの高齢の人の思い出話の中には、家がとても貧しくて子供のころにおやつもお小遣いもなかったので、おなかがすくと台所の親の酒をおやつがわりに飲んで酔っ払っていたというのがありましたが、それと同じぐらい痛々しい話です。

 欲望が強まると、時と場所を問わずに、過去に女性とまじわった時の、みだらで恥ずかしい、汚ない妄想がわきます。これは、欲望が穢れを求める気持ちになって現れているからです。すなわち、欲望とは、穢れを生み穢れを愛する穢れの親、穢れを好み穢れに親しむ、穢れの兄弟です。

 私は、この57年間を渇愛の奴隷として生きてきたのに気づきませんでした。渇愛の特徴である「欲望を感じることを喜び気に入っていた」からですし、「欲望は感じてあたりまえ」と思っていたからです。情欲についても、欲望と欲求を感じて満たそうとするのは当たり前と思っていました。だから、欲望こそが人生の苦の原因で、人をつらくかなしい人生へ輪廻転生させる原因だと教えられて愕然としています。

 貪りとその対象を愛する、欲望とその満足を愛するという以外の「生きがい」を見出せるかどうか。愛着してきた欲望を「もういらない」と手放せるかどうか。それがアルコールであれ、薬物であれ、ギャンブルや万引きやセックスであれ、「快美な事物」に依存することなく生きられるかどうかが今後の鍵です。

 これまでは「とにかく死なずに生き延びる」ための自己流・我流の恐怖からの回避術・逃避術を用いてきた生き方でした。生きられるかどうかの判断基準は、「自分にとって快感かどうか」だけでした。自分が生きていられるかどうかの目安は、快感があるかどうかだけでした。肉体や自我の快楽は善であり、喜びであり、生きていていいというサインであり、愛されているという証であり、安全であるという目印でした。

 しかし、現実には必ずしも、その我流の快感リトマス紙は的確ではありませんでした。むしろ、はじめは快楽なのに、次第に有害な依存に変じた飲酒の習慣のように、「有害な快楽」もたくさんあって、相当に痛めつけられましたし、自分で自分を痛めつけて来ました。
 これからは、「健全に生きのびる」ための方法を身につけなくてはなりません。

 私は、渇愛を下着のように、いつも肌につけて、なくてはならぬもののように生きてきたようです。何枚もの欲望という名の下着をはきかえて、くりかえし着用してきたのです。しかし、古今の聖人賢者たちと釈迦の教えによって、それに気づいてしまった以上、その何百何千枚という汚れたままの下着を、少しずつでも時間をかけて捨てねばならないようです。

「わたしたちは皆、汚れた者となり 正しい業もすべて汚れた着物のようになった」(旧約聖書 イザヤ書 64章5節)
(「汚れた」とは「悪臭ふんぷんたるまでに汚れ切った」ということ。「正しい業[わざ]」とは「正しいと信じ込んでなしてきた所業」のこと。「着物」は下着や肌着のこと)

 健全な生き方とはどういうことか、どうすれば正常に生きられるのかということについて、私は無知のまま生きてきました。
 その「生き方の無知」から自分を脱出させ、新しい清潔な下着をつける方法のひとつに、八正道・中道というものがあることを教えられました。どのようにするかは試行錯誤が続きますが、禅定によって祈りによって、さまざまな聖賢の教えによって、一枚一枚を履き替えながら生きていこうと思います。

 そのためには、死ぬまで、いえ死んだ後まで時間がかかるでしょうけれど、それは仕方のないことです。
 新しい生き方は、夜があけて朝を迎えるような目覚ましいもののようには感じられませんが、いつか気づいたら変わっていたというような認識しか、たぶん訪れないと思います。それでも、意識だけはしておきましょう。

 儒教の『大学』第二章三節にも、古代中国の祭祀用の水盤に次のような言葉が鋳込まれていたとあります。

「まことに日に新たに、日々に新たに、また日に新たなれ」
(現代語:いったんまったく新しくなったなら、その日から、毎日新しく、たえず毎日新しく生きよ)

 イエスの言葉にも『ヨハネによる福音書』(第3章3節)にこうあります。
「はっきり言っておく。人は、新たに生まれなければ、神の国を見ることはできない」
(この「はっきり言っておく」は原語では「アーメン」。「誓って嘘いつわりなく宣言する」の意味)

 渇愛が、苦の人生・生まれ変わりの人生という「家」をつくる大工であり材料だと釈迦はいいます。その渇愛を自覚したとき、初めて人は「苦の家」をつくる者を見つけ、その家の柱や壁や材木をこわすことができると。もう、そんな「苦の家」に住む必要がなくなります。つまり、もう苦しみと試練に満ちたこの現世に生まれることがなくなるというのです。それが「解脱」「悟り」だといいます。

 私にとっては「悟り」=「神の国」という認識なので、キリスト教と仏教は「同じものを目指している」と信じています。

c0032696_02194095.jpg

トラックバックURL : https://ecdysis.exblog.jp/tb/30071261
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード
by ecdysis | 2019-01-28 02:28 | Trackback | Comments(0)

ecdysisは「脱皮」。管理者・心炎の悲嘆と絶望、歓喜と希望のあやなす過去・現在・未来を見つめ、アダルトチルドレンより回復する為のブログ。メール:flamework52@gmail.com(exciteメールは2018/9/18をもって使用不能となりました)