人気ブログランキング |

私もあなたもみな、無条件に尊い存在であるということ

 二日ぶりにコーヒーを飲んで興奮状態になったためか、昼休みに不思議な感覚に包まれた。
 昨年からときどき起こる、通行人の高齢者や身体に障害のある人たちにとくに感じる「その人はその人をやっている」という感覚だ。もっと詳しくいえば「その人の内在する魂が、現世の今の姿をとり続けることを、自覚せずに本気で生涯かけて使命として遂行し続けている」という感覚である。そのとき、私は名状しがたい感動にとらわれ、なんともいえないありがたさに涙がこみあげてくる。 

 その人が、その人となるために、その人のうちなる魂・神・仏が、産声を上げたときから現在まで、ずっとそのひとの肉体の奥にあって、その人にしか体験できない人生を使命として、自我とともに丸ごと生き続けている。その内なる魂・神・仏の気高さと勇気とに、ただただ「あなたがたは尊い存在です」とありがたくて拝みたくなる。「その人が、その人をやっている」という感覚には、その人が「生きて存在していること自体が尊い」という想いしかわかない。

 むろん、通りすがりのその人の名前も年も住所も経歴も何も私は知らない。通常なら無関心に過ぎ去る赤の他人である。
 しかし、私はそういう感覚になると、もはやその人に無関心ではいられなくなる。その人が、その人であることが、かけがえのないありがたい尊いできごとに感じられてならない。それは「存在そのものへの尊さの感覚」としかいいようがない。

 その感覚を、もっとほかの人たちにも広げてみると、驚くべきことに、すべての通行人が、各人固有の比較できない「尊さ」をもった「気高い存在」に感じられて茫然としてしまう。そして、それが事実であり真実であることを、私は心の奥で知覚する。
 その「尊さ」の前には、その人の肉体的外見や性的魅力の有無は無意味となる。すべてのひとが、無条件に尊いという感覚になれば、外見の美醜や容姿にとらわれることは、むしろ邪魔になるとわかった。

 すべての人が尊いと感じるためには、外見の美醜容姿にとらわれないことが必要だとわかった。いな、外見の美醜容姿に囚われてきたからこそ、今まで一人一人の魂としての存在の尊さがわからなかったのだ。人々に囲まれ人々とともに暮らす私は、ほんとうは「無条件に尊いもの」たちばかりの中で暮らしていると気づかされた。

 私もあなたも彼ら彼女らも、みな一様に「もともと尊い存在」なのだ。その尊いものはダイヤモンドにたとえられる。ダイヤモンドに、もし心があったら、自分のことを価値のない石ころだとおもいこんでいたとしても、決してダイヤ以外のものになることはない。人の魂も同じだ。自我がどれほどの悪人でも善人でも変人でも凡人でも、そのうちにある魂はダイヤモンドだ。

 自我がどれほど汚れて惨めで醜くても、それが魂のダイヤを変質させることはない。今の私やあなたが、いかなる状態にあろうと、魂というダイヤモンドは傷つくことも汚れることもない。たとえ泥をかぶっても糞便だまりの中に落とし込まれても、ダイヤモンドがそれ以外のものになることはない。見つけだされて洗われれば、ダイヤモンドはただちに本来の無傷の美しさを取り戻す。

 私たちの自我・心は傷つき血を流し苦しみ穢れに満ちている。しかし、その奥には無傷の魂というダイヤモンドがあって、自我との出会いを待っているのだ。

c0032696_01253491.jpg

トラックバックURL : https://ecdysis.exblog.jp/tb/30114364
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード
by ecdysis | 2019-02-23 01:25 | スピリチュアル | Trackback | Comments(0)

ecdysisは「脱皮」。管理者・心炎の悲嘆と絶望、歓喜と希望のあやなす過去・現在・未来を見つめ、アダルトチルドレンより回復する為のブログ。メール:flamework52@gmail.com(exciteメールは2018/9/18をもって使用不能となりました)