人気ブログランキング |

海の恐怖

 いろいろといま思い返すと、さまざまな「恐怖症」を、私は10代に経験しているのだとわかってきた。

 18歳の6月に気が狂いかけた時の「赤色恐怖」をはじめ、あのころは刃物を見ると、その刃先で自分を傷つけてしまうのではないかという「刃物恐怖症」もあった。じっと鋭い刃を見ていると、それを自分の肌に押し付けて切りたくなる自分の心が怖かった。

 だから、自傷行為を手首にくりかえす人たちのことを考えただけで戦慄する。手首を傷つけるということを想像しただけで、身震いするのだ。痛覚を想像するのではなく、出血多量による死をイメージするからだろう。

 18歳当時は、完全な引きこもりと対人恐怖、被害妄想も併発し、天井から槍がふってきて布団に矢ぶすまにされるとか、カマイタチが出現して自分の手首を切るとか、ありえない妄想におびえてもいたのだから、妄想性人格障害になっていたのは確実だろう。あるいは統合失調症なのかもしれない。

 同じころ、下宿から近くの海に友人の車で連れていってもらったことがある。
 そのとき見た海がこわかったのを思いだす。水平線のかなたに広がる海の広さが、恐ろしかった。あのときだけだったが、ただ「広い」というだけで、冷や汗が出るような怖さを感じたのだ。
 いまなら、精神的な障害のひとつである「広所(広場)恐怖症」なのだとわかる。

 なんとまあ、いろんな「恐怖症」にかかっていたことか。

 これから、すこしずつそういった病的体験を思い出してつづっていこうと思う。
トラックバックURL : https://ecdysis.exblog.jp/tb/7446339
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード
by ecdysis | 2007-11-16 01:46 | アダルトチルドレン・依存症 | Trackback | Comments(0)

ecdysisは「脱皮」。管理者・心炎の悲嘆と絶望、歓喜と希望のあやなす過去・現在・未来を見つめ、アダルトチルドレンより回復する為のブログ。メール:flamework52@gmail.com(exciteメールは2018/9/18をもって使用不能となりました)