人気ブログランキング |

おそらくは胎内回帰願望が原因

 私のアディクションの症状の根本には、おそらく「胎内回帰」への衝動がある。
 通常「胎内回帰願望」といわれるが、「願望」という表現のような「意志によるコントロールが及ぶ」印象とはほどとおいものだ。

 それは胎内回帰への「衝動」「飢餓」としかいいようのないもの。
 平安で穏やかで静かだった「胎内」への逆行を熾烈に求める乳児の心ではないか。

 だが、私の場合は、どうも胎内でも、それほど「平安」だったわけでもないらしい。
 耳をふさいで聞こえる自分の鼓動の音が、小さいころから怖かった。わけもなく恐ろしかった。
 今でもそうだ。枕で耳をふさぐと鼓動が聞こえるが、それがいやで耳をふさがないように、いつも気をつけている。

 たぶん、母の胎内できいた、祖母を恐れる母の恐怖に高鳴る鼓動と、血液を通して流れ込む体内物質が、胎児の私を落ち着かなくさせたことだろう。そのときの記憶が、たぶん「自分の鼓動をこわがる」心理につながっている。

 よく映画やアニメで、心臓の鼓動が恐怖に高鳴るシーンがあるが、あの緊張と恐れを、私は自分の耳をふさいで心臓の音を聞くだけで感じるのだ。

 それでも、母の胎内はおおむね居心地がよかったのだろう。そして、母の感じた恐怖を心の中に仕込んで、私は生まれてきたのだろう。

 その恐怖から、私は心底、解放されたい。
トラックバックURL : https://ecdysis.exblog.jp/tb/7610092
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード
by ecdysis | 2007-12-03 01:53 | アダルトチルドレン・依存症 | Trackback | Comments(0)

ecdysisは「脱皮」。管理者・心炎の悲嘆と絶望、歓喜と希望のあやなす過去・現在・未来を見つめ、アダルトチルドレンより回復する為のブログ。メール:flamework52@gmail.com(exciteメールは2018/9/18をもって使用不能となりました)