人気ブログランキング |

内なる深部の病変

 ついに、ここまで来たという感じがする。
 
 私の中で、記憶にある限り、もっとも救いがたく、もっとも陰気で、もっとも盲目的で非理性的な感情が、ついにその露頭を見せはじめた。

 それは「ひがみ根性」だ。昨年は嫉妬で苦しんだのだが、今度は「ひがみ根性」の噴火である。「どうせ、おれなんて」と、根拠を確認したわけでもないのに、ひとりで勝手に鬱屈した怒りと劣等感にとらわれてしまう。そこでは、他人の親切も悪意をもって曲解され、他者は本当は自分のようなものなど、必要としていないのではないか、仕方なくつきあっているだけではないのかと、本気で疑念が生じるのだ。

 自分は本当は価値のない人間なのではないか。ほかの人たちが持っているものを、自分は所有せず、それを持っている人が、うらやましくて悔しくてねたましくてならない。地位や名誉や名声や人気や才能や、物質的なものや幸せそうな環境や、そういったものを他者が持っているのとくらべて、自分には何も無い・・・。

 他人が両手にいっぱいの良いものを抱えもっているのに、自分の両手には何もない。その空っぽの手のひらをみつめる惨めさ情けなさ恥ずかしさよ。それを、人々はあざ笑いバカにしているにちがいない。

 人は、私をあざけり笑う。バカにし軽蔑し、唾を吐き、さげすんでゆく。私は惨めな虫けらに過ぎないのだ。ああ、せめて人間らしくあつかってもらえたら。せめて、ほかの人たちと同じものを手にして、「ほら、同じだよ」と気軽にいえたら。

 私は人ではない。人間ではないのだ。人間の形をした、何か別の醜いものなのだ。

 このまったき自己否定こそ、私のアディクションの根源にある。
トラックバックURL : https://ecdysis.exblog.jp/tb/8457474
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード
by ecdysis | 2008-03-16 17:18 | アダルトチルドレン・依存症 | Trackback | Comments(0)

ecdysisは「脱皮」。管理者・心炎の悲嘆と絶望、歓喜と希望のあやなす過去・現在・未来を見つめ、アダルトチルドレンより回復する為のブログ。メール:flamework52@gmail.com(exciteメールは2018/9/18をもって使用不能となりました)