人気ブログランキング |

解き放て呪縛より

 私は母に命じられた。

「だれよりも立派になれ」
「だれよりも善良になれ」
「だれよりも優秀になれ」
「だれよりも偉大になれ」
「だれよりも完全になれ」

 如上は、すべて具体性のない架空性に満ちた「妄想」である。

 なぜなら、母の命令は「神になれ」というのと同義だから。
 人間は神にはなれないのに、それに等しいものとなることを、母は私に望んだのだ。

 この呪縛を、私は脱する。

 この呪縛の本質は、「母の虚栄」だからだ。私は、彼女にとって「人に見せて誇るための息子」だったからだ。母親になら、だれでもある心理だとは思うが、私の母の場合は、やはりいま思うと表には出さなかっただけで、かなり病的だったのではないだろうか。

 見栄や体裁や近隣との「比較」にあけくれた彼女の心を、私は無意識にうけとって、あらゆる人間関係に「見せるため」の要素をにじませてこなかったとはいえない。

 人に見せるための恋愛、結婚、家庭・・・ことに若いころに、そういう想定がなかったとはいいきれない。

 コレクションやアクセサリーのような人間関係など、ごめんこうむる。プライドやコンプレックスを直撃する関係性に、健全(かつ幸福)なコミュニケーションが成立することはないだろうから。

 
トラックバックURL : https://ecdysis.exblog.jp/tb/8810257
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by riko at 2008-05-08 11:30 x
半年ほど前から読ませていただいています。
度胸も文章力もないので、ずっとコメントできずにいました。
機能不全家族に育ったACの者です。

私の母はまだ健在でして、この先10年は生存しそうです。
なのでこれからも、母の世間体、虚栄心から生まれる 押しつけの言葉に付き合わなければなりません。
諦めてはいるものの、たまに母の改心を試みてみるのですが、可能性はゼロのようです。

自分を守るために、姉は母との会話を避け、私は物理的な距離を取りながら生活しています。

私は、ACという概念を知り、ものすごく救われました。
母はあまりにも頑なすぎて、少しでも自分を否定するようなものを受け容れられない人です。それはそれで同情したりもするのですが、自分の価値観をこの期に及んでもまだ押しつけてくる時には、冷静でいられなくなります。
そんな時は、あぁ...私もまだまだだと落ち込みます。

いつになっても、完全に回復するなんてことは不可能なのでしょうね。少なくとも10年前、20年前の私よりは生きやすくなりました。
それでOKとしなくっちゃ、でしょうね。
Commented by 心炎 at 2008-05-08 23:39 x
Rikoさん、コメントをありがとうございます。(1)

 お母さんのこと、本当に苦しんでいらっしゃるのですね。お母さんはきっと、ご自分が娘さんたちに「押し付けている」なんて自覚はなくて、「母親として正しいことをしてあげている」という意識でいるのかもしれません。

>いつになっても、完全に回復するなんてことは不可能

 私たちACは、どうも「完全」という言葉に弱いようです(笑)。
 おそらく、人それぞれに「完全」のイメージがちがうかもしれませんが、私はうつ病を経験してから「完全」「完璧」を意識しすぎないようにつとめています。

 完全というのは現実にはなくて、あるのは「無限の回復」ではないかという感じがしています。
Commented by 心炎 at 2008-05-08 23:40 x
Rikoさん、コメントをありがとうございます。(2)

 親のことで落ち込むというのは、よっくわかります。自分と親は別物なのだけれど、同じ家庭の土壌のなかで育ってきたのですから、自分の「生育環境・トラウマ」の原因を感じさせられるたびに、無意識に追体験しているんですよね。
 でもRikoさんは、お母さんに「それはそれで同情したりもする」ことがおできになるということは、相当に努力されて回復が進んでいらっしゃるという印象を受けました。

 ともに回復してゆきましょう。私たちの中の傷ついた子供たちが、癒され救われて回復し、平らけく安らけく、すこやかになりますように。
Commented by riko at 2008-05-10 06:16 x
心炎さん、お返事ありがとうございます。

>完全というのは現実にはなくて、あるのは「無限の回復」ではないかという感じがしています。<

なんて表現すればいいのかな・・・
わたしの心を直撃!震えました。
ありがとうございます。

ともに回復していきたい。わたしも同じ気持ちです。
「無限の回復」。
大事にしたいです。


名前
URL
削除用パスワード
by ecdysis | 2008-05-08 00:53 | アダルトチルドレン・依存症 | Trackback | Comments(4)

ecdysisは「脱皮」。管理者・心炎の悲嘆と絶望、歓喜と希望のあやなす過去・現在・未来を見つめ、アダルトチルドレンより回復する為のブログ。メール:flamework52@gmail.com(exciteメールは2018/9/18をもって使用不能となりました)