人気ブログランキング |

 18歳の私は、道理も天地の理法も知らなかった。家族もそうだった。世間体や評判や噂ばかりを気にして、それを超える道理を知らなかった。
 自分がなにものでどうすべきかも、人として何が大切かも、国家や民族や祖先の歴史や業績や訓戒も知らなかった。
 人の心を豊かに幸せにする方法も原則も知らなかった。

 そして、いま「18歳の私は何も知らなかったのです」と叫ぶ。
 これが、釈迦のいう「無明」(普遍の真理や倫理道徳に関する無知)に生きたもののありようだ。「私は、それを知らなかったのです」と、無明の一端を自覚した者は叫ぶ。「それをあのとき知っていれば、教えてもらえていれば、理解できていれば、あんなことにはならなかったのに」と痛恨の念を起こす。
 だが、そのとき、それに無知で、それを理解できなかったのも因縁の道理のあることで、ほかに選択肢はなかった。私の場合はそうだった。

 無明は、生まれつき目の見えない人が、色や形を目で見ることができないように、真理が見えない状態をさす。生まれつき耳の聞こえない人が、まわりの音や声を聞くことができないように、真理を聞くことができない状態をいう。
 このように、無明は万人にとって、苦しみの原因として、必然で不可避である。

 永遠の命以外のものを求め続けるとどうなるかを、私はこの40年間でたっぷり体験させてもらった。
 おのれの無明を自覚せずに、自分の意志と力で、願いを実現しようとすることは、はじめはよくても永続せずに挫折する。幸運にめぐまれてうまくいっても、家庭や対人関係に大きな問題が生じて安心できなくなる。

 無明の第一は、自分が天地自然の日月大地とそれを司る神々と目に見えない世界によって生かされ支えられていて、それなくして一時も生存できないという事実を知ることがない。
 第二は、自分の執着する色欲やそのほかの欲が渇愛であることを知らない。
 第三は、自分が執着している分だけ、もともとある良心と内なる神仏による知覚と認識力が閉ざされていることを知らない。

 その執着を手放せば、これまで見たことも感じたことも予想もしなかった素晴らしい感覚と世界を広く認識する喜びが得られる。しかし、執着の対象にとらわれて、その対象にばかり喜びや快楽の感覚を集中させている間は、真実のあるがままの世界は閉ざされている。ほかに見るべき望ましい喜びの対象となる世界があるのに、それに気づかない。その状態のまま「これしかない」と握りしめて手放さないのが、無明の現れとしての執着のありようである。

 高校・浪人時代、私の救いは肉体の性の快楽だった。それ以外はなかったし探そうとも思わなかった。
 最高にかわいくて魅力的な恋人を得て睦まじくすれば、直ちに癒しと幸福が訪れるだろうと信じていた。
 しかし、それは妄想にすぎなかった。そのかわいい恋人を得て、自慢してみんなにうらやましがられれば、劣等感は補償され、無力感にひしがれた心は、有力感によって元気になると信じた。恋人ひとりを得るだけで、それが万能薬になると疑うことなく信じたのだ。当時の私には、それしか有効な薬に思えるものがなかった。
 私は彼女らのイメージをはげしくむさぼった。それは人身獣面のごとくであった。
 私は、ひどい孤独の状態にあり、それは親や祖先の人達の孤独をも受け継いだものだからだ。

 私が、魅力を感じて一緒になりたいと欲した女性の数はあれこれたくさんいるが、ひとりも伴侶にできなかったので完全な敗北である。
 このような私の愛欲妄想は、まさに「迷いの生存」の象徴だ。愚かなことに、性愛というものを真理真実への愛と混同して、性愛には人を高め魂を恒久的に救う力があると、私は若年時代から致命的な誤解を正しいと信じ込んできた。
 いまは、その幻想に気づいた。エロス(男女の愛)はエロスでしかない。アガペー(神・真理・善・徳への愛)になりかわるのは無理だ。フィリア(友愛)でもストルゲー(家族愛)でもだめだ。

 性愛に人を救う力があるという思い込みはまちがいだとわかった。もしそうなら、離婚はありえず、児童虐待もないはずだ。心を病んだ人間も、恋愛や結婚によって治るはずだ。だが、そのような事実が一般的に存在するとはきいたことがない。子供ができて落ち着いたという話はきくが、恋愛や結婚によって自分や配偶者や家族のもともと病んだ心が治ったという話はきいたことがない。

 そもそも私は、セックスに過大なものを求めてきた。セックスの興奮と快楽の効用は私が期待したような過大なものでは決してなかった。それは迷いの苦しみを与えるだけで救いも癒しもあたえなかった。快楽への興奮と刺激と期待が、それに似て非なる惑わしを起こしただけだった。恋や性交に期待したよいことは予想の十分の一でしかなく、恐れた悪いことは予想の十倍もあった。

 恋愛も結婚も、生き方の病を直す薬にはなりえない。恋愛という執着は苦しみと悩みの源であって、人を苦しみと痛みから救う甘美な薬ではない。肉体の一時的な性の快楽も人を救うものではない。相手への依存も救いにはならず、新たな悩みの原因になるだけだ。

 私は無益な実験を40年にわたって繰り返し、鉛が黄金になることはないという当然の結果を思い知っただけだった。錬金術師の愚かさを発揮しただけだった。恋が人を救うという妄想は完全にうちくだかれた。健康な家庭は、健康な男女が一緒になってできるのであって、病んだ男女がいっしょになっても、あるいはどちらかが病的であっても、専門家や自助団体などの第三者の手助けがなければ、病的な家庭ができるだけだ。だから、私が健康な家庭の幸福を得たいと願ったのも、まったくもって無知による迷いと妄想であった。それは夢という言葉で美化しても、迷いの夢でしかなかった。

c0032696_01100580.jpg

by ecdysis | 2019-03-24 03:57 | メンタルヘルス | Trackback | Comments(0)

 仙台で大学受験の浪人をしながら、あらゆるACの病理が爆発した18歳のとき。あの下宿の二階の四畳半で、夏の夜中に抱いた家庭願望そのものが、実は切実な願望の形をとった病気の現れだったと納得した。あれは、当時はそれしか思いつかない希望であり唯一の救いの目標だったが、実はその正体は妄想病だったと初めて胸落ちした。

 今まで何度か書いてきたように、神仏の教えや聖人賢者の智慧を満載した書物がたくさんあり、尊敬すべき学者や教師があまたいることもまったく知らない少年だった。釈尊の戒められる「貪・瞋・痴」の三毒が無自覚に放置された生き方だった。

 浪人時代は、性欲を貪り、酒を貪り、煙草を貪り、家族と世界を憎み、己の生存を恨んで生きるしかなかった。常識や世間体だけを基準にしている社会では、私の家庭も私も内面的にはすでに落伍者であった。世間の目が「神」だったので、私はその世間にとけ込めず被害妄想と自意識過剰に狂っていた。世間体は、その基準に満たない自分のようなものたちを裁き、罰し、排除するものと私の目には映った。

 私は世間であり世界であるものたちをも恨んだ。自分をこの世に生ましめた神をも恨んで憎んで呪った。自らを悪魔になぞらえたほどだ。
 そんな精神状態にあった当時は、ひどい家庭環境に痛めつけられて精神を病んでしまい、正しく導いてくれるものは何もなかったし有るとも信じられなかった。

 自分の存在理由が見つからなかった。生きていくための理由がわからなかった。何をすればいいのか、どこへ行けばいいのか、まるで見えなかったし、だれかに尋ねても教えてもらえるとは信じられなかった。私を理解してくれる人間、わかってくれる人間はいないと絶望していたからだ。

 ひきこもりと、対人恐怖とひどい被害妄想と家族への憎悪の中に生き、酒・タバコ・ロック音楽・自慰への依存と逃避しかなかった。
 そんな中で、今までの悲惨な家庭環境を改善し、幸福な家庭を造ろうという意志は、私には闇にともった明かりに思え、自分の中にわずかに残っている正常さと健康さの証であると信じた。少なくとも、その願望のなかには、憎しみも怒りも恨みも恐れもなかった。また、自分のもっとも欲しかったものがなんであるかも明白になり、自分の長男の役目も果たせて哀れな母の願望達成にも、見事に一致する結論だった。その願望さえ達成できれば、自分の悩み苦しみのほとんどが、僅かの間に雲散霧消する画期的な思いつきに思えた。
 ゆえに、その着想の正しさを、私は確信した。これこそ、自分のよりすがるべき人生の至高の目的であり、頼りにし、人生の灯台にして金科玉条とすべき理想以外のなにものでもなかった。

 だが、この強く固い期待の肥大した涙ぐましい目的意識も、当時の私の病んだ心の生んだ統合失調症じみた、あるいは躁病じみた空想妄想性の病でしかなかった。鬱状態から躁状態に移行しただけだったのかもしれない。
 だから、そののち結婚を意識した女性たちのほとんどが妄想病はじめ心を病んだ人たちになった。
 過去40年の彼女らとのかかわりが、その全体像をもって教えてくれた。いったい何が原因でそうなったのか、私の何が病んでいたのかを。
 40年前に、私の心に起こった輝かしい希望の目的意識そのものが、実は理想家庭の妄想病、普通回復の妄想病だった。繰り返しになるが、その願望自体が病気の現れであり、空想病の症状だったのだ。

 ふりかえれば、病的でない家庭や男女関係を、まったく知らない状態で、どうして健康で幸せな家庭がつくれようか。それを、作れると信じて、造らねばならぬと固く決意するのは、現実を無視して、思いこみのままに進む空想病にほかならない。
 たとえば、身一つで空を飛べると信じ込んで高い場所から飛び降りようとするものを、だれもまともとはいうまい。たとえ、彼がどれほど飛べると信じ、飛ばねばならぬと決意し、飛ぶことが人の理想の実現だと主張し、その正しさを決してゆずらないとしても、彼は飛べないのだ。それと同じことだ。

 18歳の浪人時代の切実な家庭改良の願望は、それが生き方の根本的な支えになったほどだったのに、想った通りにはまったくならず、結果は不毛で有害で空虚なものだった。たとえていえば、農地の豊穣な実りを目指したのに、植えても作物は次次に枯れて砂漠化したようなものだ。
 その願望は今にして想えば、確かに非現実的だった。自分がちゃんとして、ちゃんとした相手と結婚して、ちゃんとした家庭を作りたいという、空想が優先していた。だが、当時はそういう可能性の空想ができるということ自体が、私にとっては画期的であり救いを予感させるものだった。そこまで追い込まれ絶望しきっていたのだ。
 しかし、私の希望的夢想は、現実的には、次のような実現不可能な要素を持っていた。
 まず、自分がちゃんとしていない病的な人間であるという認識がなかった。また、ちゃんとした相手の女性を見分ける見識も方法もなかった。もっとも問題だったのは、生家が普通ではなく、普通にお嫁さんをめとれるような家ではなかった。そのアルコール依存を主軸にした心を病んだ人々から成る生家の事実をまったく認識できなかった。
 18歳の私にまったく認識できないレベルで、我が家はすでに嫡流が断絶する運命にあった。つまり、私も父母も弟も祖母も、みな病んでいる家族なのであり、それを改善して健全に復し、なかったことにする方法など、存在しないのに気づかなかった。

 母も私も健康な普通の家庭という妄想に生きる病にかかったのだ。
 だが、この妄想をいったいどれだけの人が笑えるだろうか。私の生家ほどひどくはなくとも、「これさえあれば」「この問題さえなければ」「これだけ実現すればすべてうまくいく」という願望や欲望を持つ限り、機能不全家庭になる可能性はどこの家にもあるのだ。
 なぜなら、たとえばあるひとつの問題が、今はその個人や単体に発現しているとしても、実はそれは家族や集団・組織という背景にある全体の病理を代表しているものだからだ。 

 18歳の私は、知らなかった。自分が解決したいと願った家庭の問題が、どれほど深刻で重大なことであったか。その事実を認識できなかった。その家庭の病は、すでに手遅れで、健康な家庭にはありえない、残酷な犠牲、命や財産の犠牲が不可避であったことを。その問題の解決を目指すには、私はまったく非力で役立たない少年でしかなかった。それなのに、私は自分が望んで念願したことの正しさを疑わず、必ず解決して見せると期待した。それが、どれほど無謀で現実ばなれした空想であるかも知らず、ただただ自分が本気で願いさえすれば、どんな夢でもかなうと、子供が信じるように信じた。幼い子が、クリスマスに本物のサンタクロースが自分にプレゼントをくれると信じるように。

c0032696_01094577.jpg


by ecdysis | 2019-03-18 01:12 | Trackback | Comments(0)

ecdysisは「脱皮」。管理者・心炎の悲嘆と絶望、歓喜と希望のあやなす過去・現在・未来を見つめ、アダルトチルドレンより回復する為のブログ。メール:flamework52@gmail.com(exciteメールは2018/9/18をもって使用不能となりました)